teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


現場検査官

 投稿者:管理者  投稿日:2011年 3月18日(金)04時37分1秒
返信・引用
  私は配筋検査と金物検査には行くようにしています。

昨日、地震の中、茅ケ崎の現場に金物検査に行きました、行政の検査に立ち会った

時の話です、写真はホ-ルダウン用アンカ-ボルトが土台の外側に付きすぎているので

良くないので、金物で補強するようにと指導しました。

現場の監督はビスで留められる金物を付けると言って、了解を得ていました。

私は必要ないと思ったのですが、現場の監督がそれで良いと言うので、私は意見を

しなかったのですが。

ホ-ルダウン金物用アンカ-ボルトは土台には関係なく、柱の引き抜きを地中梁とアンカ-ボルトで押さ

えるのであり、土台のアンカ-ボルト用穴位置は関係ないと思います。

この検査員もプロとは思えませんね。`ε´
 
 

つぶやき-勉強不足

 投稿者:管理者  投稿日:2011年 3月18日(金)03時56分15秒
返信・引用
  3月16日に役所に構造の訂正に行きました。

質問の内容に「青本では?」という項目が有りました。

私は新グレイ本(許容応力計算)で計算しています。

質問して見ますと、青本を正しく認識していなく、「3階建て混構造住宅の構造設計の手引

き」の背表紙が青なのでこの本を青本と思っていたそうです。

この本は参考図書として計算書に書いていたのですが、無知な行政の担当者にはあきれまし

た。

正しくは「3階建て木造住宅の構造設計と防火設計の手引き」の本を青本と言っています。

新グレイ本に書いていますが、青本は廃版となっていて、今は新グレイ本で設計をする事に

成っています。
 

レンタル掲示板
/1